坂ノ市こどもクリニック−大分県大分市・小児科一般診療・予防接種・乳児健診
坂ノ市こどもクリニック
大分市坂ノ市西1丁目7−8
坂ノ市こどもクリニック 電話番号097-593-2202

【診療時間】
 月〜金 8:30〜17:30
 日 8:30〜12:30
【 休診日】 土曜日・祝日
 
HOME
 
お知らせ
 
診療案内
 
初めて受診される方へ
 
順番予約システム
 
月間カレンダー
 
乳児健診
 
予防接種
 
感染症情報
 
流行っている病気
 
院内風景
 
院長コラム
 
よくある質問・病気のお話
 
交通のご案内
 
リンク
 
携帯サイト
携帯版HPはこちらのQRコード
からもご覧頂けます!
  よくある質問・病気のお話
■ 学童とイオン飲料(スポーツ飲料)
更新日: 2009/7/1(水)
 イオン飲料は、下痢や嘔吐による軽度の脱水がある場合に利用されます。(脱水が改善すればイオン飲料は必要ありません。)
 このような下痢や嘔吐の症状がでる胃腸炎で利用されたことや、学童では以下の@、Aをきっかけにイオン飲料を飲む習慣がついてしまうことがあります。
@スポーツ:いろいろなスポーツで運動して汗をかいたとき、イオン飲料(スポーツ飲料)を飲む傾向がありますが、これがきっかけとなりイオン飲料のペットボトルを持ち歩き、だらだら飲みの習慣がついてしまいます。
A塾通い:放課後、塾通いの学童は、行き帰りに食物と一緒に飲み物を買うことが多いようです。水代わりにイオン飲料を飲み、電車の中でも道を歩いていても、なんとなく飲む習慣がついてしまいます。
 普通の食事をしている学童がイオン飲料を飲み過ぎると、イオン飲料分の電解質が多いためのどが渇くようになります。また、イオン飲料は糖分濃度が高く甘味が強いため好んで飲まれます。そのため、絶えずイオン飲料を飲んでしまう悪循環に陥ります。
 イオン飲料のpHは3.6〜4.6と低値です。pH5.4以下では歯のエナメル質の脱灰がおこり虫歯になりやすいのですが、イオン飲料が絶えず口腔内に残存するということは、生えて間もない幼若永久歯が虫歯となってしまう原因となります。
 さらに、イオン飲料の飲み過ぎは、糖分の過剰摂取をもたらし肥満になったり、耐糖能を障害し一時的な糖尿病状態になる原因となります。この糖尿病状態に気づかないでますます多飲すると、ケトアシドーシスや昏睡という身体に危険な状態を引き起こす「ペットボトル症候群」になる可能性があります。

*そこで、対策です。**************
⑴運動で汗をかく時はイオン飲料を薄めて飲み、運動が終わったら普通の水を飲みます。            
⑵下痢や嘔吐でイオン飲料を利用した時は、症状が軽快したら中止します。
⑶ペットボトルを持ち歩いていつも飲む習慣や、食事をしながらイオン飲料を飲む習慣を付けないようにします。 
⑷のどが渇いた時は普通の水を飲みましょう。     
************************
 
HOMEお知らせ診察案内初めて受診される方へ順番予約システム
月間カレンダー
乳児健診 予防接種感染症情報流行っている病気
院内風景
院長コラムよくある質問・病気のお話交通のご案内リンク
 
         
  坂ノ市こどもクリニック  〒870-0309 大分県大分市坂ノ市西1丁目7−8   
                       【診察時間】  月〜金8:30〜17:30 日8:30〜12:30   【休 診 日】  土曜日・祝日
Sakanoichi Children's Clinic All Rights Reserved.